高血圧症と診断されてから毎日、降圧剤のミカルディスを服用し続けている。最初は1日1回飲まなければいけないという事が非常にめんどくさいと思っていましたが、今では私の相棒です。

合併症予防にミカルディスとマッサージとくるみの特徴

高血圧治療において注目されている医薬品の一つにミカルディスがあります。高血圧の治療においては合併症を予防するということが最も重要なことであり、血圧が高い状態を維持することによって血管や心臓、腎臓にかかる負担を軽減するための降圧治療が大切になります。血圧を下げることができることに加えて、ミカルディスには血管の修復促進作用や動脈硬化の予防作用といった血管を守る働き、心筋肥大の抑制による心臓を守る働き、脂肪代謝を促すことで肥満の予防や改善に寄与する働きなどがあることが知られています。インスリン抵抗性を改善することから糖尿病の予防にもなり、高血圧治療の基本的な考え方である予防を実現するのに有効性が高いものとして注目されるようになっているのです。生活習慣の改善による治療を進めていくというのが高血圧の治療のもう一つの方針ですが、その中でも予防が重要視されます。マッサージはそれ自体が血圧を下げることはできないものの、血行をよくすることができるというメリットがあります。それによって血栓ができてしまうのを予防することができたり、血管に付着してしまいやすい老廃物の除去ができて動脈硬化の予防になったりすることが期待できます。また、くるみの摂取も高い予防効果が期待できるものです。オメガ脂肪酸が含まれていることによって血液中のコレステロールバランスがHDL側に偏らせることができるため、脂質の血管への沈着を防ぐことができ、動脈硬化の予防や高血圧の進行防止につながります。また、ポリフェノールに富んでいることから活性酸素の除去による血管や諸器官の老化防止を行うことができるという魅力があり、高血圧において有用な食品です。