高血圧症と診断されてから毎日、降圧剤のミカルディスを服用し続けている。最初は1日1回飲まなければいけないという事が非常にめんどくさいと思っていましたが、今では私の相棒です。

記事一覧

ミカルディスの血圧をさげる効果はどんな作用機序か

病院で高血圧であると診断された場合に、ミカルディスと呼ばれる医薬品が処方されるケースがしばしばあります。この医薬品には有効成分としてテルミサルタンと呼ばれる物質が含まれており、このことからミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)に分類されます。
ミカルディスの血圧をさげる効果をもたらす作用機序を知るためには、まずアンジオテンシンIIと呼ばれる生理活性物質の働きを知る必要があります。アンジオテンシンIIは、AT1受容体とAT2受容体の2つのレセプターに結合します。AT2受容体と結合した場合は、血管の拡張や、血管平滑筋の増殖を抑える作用をもたらしますが、この受容体に結合するアンジオテンシンIIの量は少なく、大半はAT1受容体に結合します。AT1受容体でアンジオテンシンIIが結合すると、細胞質内にカルシウムイオンが流入されることによる血管収縮やナトリウムの再吸収の促進などの作用があり、これにより血圧が上昇し、やがて高血圧の状態に至ります。
ARBには、AT1受容体を選択的に阻害する作用があります。アンジオテンシンIIはレセプターに結合することではじめて働きを示すため、結合するアンジオテンシンIIの量が減ることで血管収縮などといった血圧の上昇に結びつく作用が抑制されます。高血圧の人にARBを投与すると血圧をさげる効果があるのは、このような作用機序になっているからです。
ARBとよく比較される降圧剤にアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬があります。こちらはアンジオテンシンIがACEと結合してアンジオテンシンIIになる働きを抑制する薬ですが、空咳が起こりやすくなる副作用があるため、近年はACE阻害薬よりARBが処方されるケースが増えています。

続きを読む

ミカルディスの服用中は寒さと労働に注意が必要です

ミカルディスは血圧を下げる降圧剤としては非常に有名な薬剤です。昇圧の原因である血流を抑制し、血管の内部を拡張する効果があります。しかし、服用量を誤ったり、体調の変化に気づかずに服用すると思わぬ副作用を生じることが有るので注意が必要です。
特に注意しなければならないのが寒さです。寒い日には人間の体は自然に血流を抑え、体温を温存しようとします。寒い日に手足が冷えたりするのは、血流が抑えられるため末端の毛細血管にまで血流が行き渡らなくなるためです。
ミカルディスを服用している場合には寒さによる血流の抑制に加え薬剤による血流の抑制が重なり、非常に血流が悪くなるために頭部などに十分な血が行き渡らなくなり、頭がぼうっとするような感覚が生まれることが有るのです。その為、ミカルディス服用中は寒さに十分に注意することが必要です。
さらに、血流が悪くなることから肉体労働など激しい労働も避けるべきです。手足の感覚が健康な人に比べ鈍くなっている傾向が有るため、咄嗟の反応が遅くなり怪我などの要因となる危険が高いものです。自動車の運転のような、とっさの判断と緊張状態が要求されることも避けた方がよいと言われています。これは手足の血流が悪くなることに加え、頭部に血流が十分に回らなくなってしまうことによる脳の働きが鈍ってしまう事にも原因が有ります。
ミカルディスは降圧剤としては即効性が高く、また副作用も少ないことから血圧の薬として非常に有名で、多くの医師が高い信頼を寄せて処方しています。しかし、相対的な悪影響を体に及ぼすことも否定できません。ミカルディスを服用している場合には寒さや労働には充分に注意して生活することが大切です。

続きを読む

合併症予防にミカルディスとマッサージとくるみの特徴

高血圧治療において注目されている医薬品の一つにミカルディスがあります。高血圧の治療においては合併症を予防するということが最も重要なことであり、血圧が高い状態を維持することによって血管や心臓、腎臓にかかる負担を軽減するための降圧治療が大切になります。血圧を下げることができることに加えて、ミカルディスには血管の修復促進作用や動脈硬化の予防作用といった血管を守る働き、心筋肥大の抑制による心臓を守る働き、脂肪代謝を促すことで肥満の予防や改善に寄与する働きなどがあることが知られています。インスリン抵抗性を改善することから糖尿病の予防にもなり、高血圧治療の基本的な考え方である予防を実現するのに有効性が高いものとして注目されるようになっているのです。生活習慣の改善による治療を進めていくというのが高血圧の治療のもう一つの方針ですが、その中でも予防が重要視されます。マッサージはそれ自体が血圧を下げることはできないものの、血行をよくすることができるというメリットがあります。それによって血栓ができてしまうのを予防することができたり、血管に付着してしまいやすい老廃物の除去ができて動脈硬化の予防になったりすることが期待できます。また、くるみの摂取も高い予防効果が期待できるものです。オメガ脂肪酸が含まれていることによって血液中のコレステロールバランスがHDL側に偏らせることができるため、脂質の血管への沈着を防ぐことができ、動脈硬化の予防や高血圧の進行防止につながります。また、ポリフェノールに富んでいることから活性酸素の除去による血管や諸器官の老化防止を行うことができるという魅力があり、高血圧において有用な食品です。

続きを読む

ミカルディス服用者の多くの割合に身体のだるい症状

ミカルディスは高血圧が原因となる重篤な疾患を未然に予防できる優れた医薬品です。この薬は血圧を上昇させる体内物質を上手くコントロールする事が出来る成分を含み、血圧の高すぎる値を調節する事が可能とされます。高血圧が引き金となる生活習慣病には心臓病や脳梗塞等の重篤な疾患が多く、日頃から血圧の数値には気を配ることが大切です。
ミカルディスには体内の電解質の調整を行う作用があり過剰な水分をコントロールする働きが見られます。その為に、心臓への過度な負担を抑えることができる医薬品です。その為、高血圧の治療で幅広い患者に用いられている薬です。
また、ミカルディスの特徴として挙げられる点は副作用の少なさです。ミカルディスの特筆すべき点としては医薬品の成分が体内に蓄積され難いという特徴が挙げられ、腎臓に負担を掛ける事無く多くの割合が排出されます。よって、腎臓の機能に問題がある方でも服用できる医薬品とされ、これが活用範囲の広さにも繋がっているのです。
生活習慣病の中でも高血圧は高齢者を中心に頻繁に見られる症状です。高血圧は動脈硬化が進行する原因ともされ、脳卒中等の重篤な疾患へと移行しやすい性質があります。従って、食生活習慣の改善に加え、身体に負担の少ないミカルディス等を用いて上手く血圧を低下させる事が必要とされています。
ミカルディスの副作用として報告されている症状に重篤なものは見受けられません。しかしながら、血圧が下がる事により眩暈の症状や身体のだるい状態があらわれることもある為、予め副作用の兆候を把握しておく事が大切です。加えて、他の血圧を下げる医薬品との併用で効果が必要以上に出てしまうケースが見られる為、複数の医薬品が処方されている場合には医師に服用中の医薬品を申告することが不可欠です。

続きを読む

脳卒中予防にミカルディス服用時はカフェインを避ける

ミカルディスは血圧を上昇させる働きを持つアンジオテンシンIIの働きを制して、血管の収縮を抑えることができずいぶにゃ電解質の作用を整えて血圧を低下させる効果がある薬です。心臓や腎臓の負担を軽減することができることから、様々な病気を患っている方が処方を受けています。またミカルディスは高血圧治療に用いられるアンジオテンシンII受容体拮抗薬でもあり降圧剤でもあります。ミカルディスを服用することによって、血圧を上昇させる原因となる物質であるアンジオテンシンIIを阻害して血圧の上昇を抑えることができるため、血管平滑筋が緩るみナトリウムの排泄が促進されることで血圧を下げます。ミカルディスは他の降圧剤と比べると排泄経路に特徴があり、肝臓を介すことなく胆汁から100%成分を排出します。そのため血圧に関わる心不全などと言った心臓病だけではなく糖尿病などと言った肝臓に負担をかけたくないと言う症状を持つ人にも用いやすい薬です。ミカルディスの特徴にはその他にも作用持続時間の長さがあげられます。1日1回の服用でその効果は24時間持続し、高血圧症で脳心血管病が多く発症する早朝などにも血圧を調整することができるとされています。また心臓や血管、腎臓などを保護する作用とともに血統を下がる効果もあり、それによって脳卒中の予防や血管内皮障害の予防、糖尿病の予防や改善にも効果があるとされています。ミカルディスの服用は1日1回水もしくはぬるめのお湯で服用するようにします。お茶やコーヒーなどで服用してしまうとミカルディスは降圧剤であるためお茶などに含まれるカフェインとの相性が悪いためよくない症状を引き起こしてしまうことがあります。カフェインを含むものでの服用は避けるようにしましょう。

続きを読む