高血圧症と診断されてから毎日、降圧剤のミカルディスを服用し続けている。最初は1日1回飲まなければいけないという事が非常にめんどくさいと思っていましたが、今では私の相棒です。

2016年11月の記事一覧

ミカルディスの血圧をさげる効果はどんな作用機序か

病院で高血圧であると診断された場合に、ミカルディスと呼ばれる医薬品が処方されるケースがしばしばあります。この医薬品には有効成分としてテルミサルタンと呼ばれる物質が含まれており、このことからミカルディスはアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)に分類されます。
ミカルディスの血圧をさげる効果をもたらす作用機序を知るためには、まずアンジオテンシンIIと呼ばれる生理活性物質の働きを知る必要があります。アンジオテンシンIIは、AT1受容体とAT2受容体の2つのレセプターに結合します。AT2受容体と結合した場合は、血管の拡張や、血管平滑筋の増殖を抑える作用をもたらしますが、この受容体に結合するアンジオテンシンIIの量は少なく、大半はAT1受容体に結合します。AT1受容体でアンジオテンシンIIが結合すると、細胞質内にカルシウムイオンが流入されることによる血管収縮やナトリウムの再吸収の促進などの作用があり、これにより血圧が上昇し、やがて高血圧の状態に至ります。
ARBには、AT1受容体を選択的に阻害する作用があります。アンジオテンシンIIはレセプターに結合することではじめて働きを示すため、結合するアンジオテンシンIIの量が減ることで血管収縮などといった血圧の上昇に結びつく作用が抑制されます。高血圧の人にARBを投与すると血圧をさげる効果があるのは、このような作用機序になっているからです。
ARBとよく比較される降圧剤にアンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬があります。こちらはアンジオテンシンIがACEと結合してアンジオテンシンIIになる働きを抑制する薬ですが、空咳が起こりやすくなる副作用があるため、近年はACE阻害薬よりARBが処方されるケースが増えています。

続きを読む